長距離引越しの料金が安い引越し業者の探し方あります。

長距離引越しの料金が安い引越し業者の探し方

長距離 引越し 安い

長距離 引越し 安い

長距離 引越し 安い

長距離 引越し 安い

長距離 引越し 安い

 

引越しの中でも長距離ともなると引越し料金が10万円を超えることも珍しくありません。
それだけの料金がかかるのには、理由があるからです。

 

引越し距離が遠いと、トラックの運転を交代しなければなりません。契約している時間に間に合わせるためには何度も休憩を取っている時間はないからです。
そしてガソリン代や高速代も必要となるため、近距離の引越しとは比べものにならないほど費用がかかることになるのです。

 

そんな長距離引越しが1番安い引越し業者を探したいと思いませんか?

 

それならまとめて見積もりを取ることができる一括見積もりがオススメです。

 

 

長距離 引越し 安い

 

引越し費用は、荷物の量と引越し距離、そしてオプションの有無などによって決まります。さらに物件にエレベーターがあるのかないのか、トラックは近くに停車できるのかなどいろいろな要素によって追加料金が発生するのです。

 

こんな中で全く同じ引越し条件の人を探すのは不可能です。
自分の引越しの相場は、複数の業者から見積もりを取るしか方法がないのです。

 

一括見積もりは1度情報を入力するだけで最大10社から見積もりを取ることができます。

 

もちろん多数の大手から地元の引越し業者まで、200社以上が参加しています。
これらの見積もりを比較すれば、1番安い引越し業者も簡単に見つけることができますよ。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

長距離の引越しを安くする方法
引っ越しするときに前もって準備しておくことがとても大切なことなんじゃないかな。

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越し費用と繁忙期

 

引越しには通常期と繁忙期があります。
繁忙期とは1年で一番引越しが多い3月前後のことで、それ以外は通常期と呼ばれます。

 

繁忙期には新大学生や新社会人に加え、春の人事異動で転勤する家族の引越しなどが一斉に行われるためにどこの引越し業者もてんやわんやなのです。
スタッフを増員したり1日に回る回数を増やしても処理しきれないため、予約を断られる日もあります。
長距離引越しはなおさら人手が必要なので大変です。

 

もし繁忙期にどうしても引越しするのであれば、新居がきまったらすぐに複数の引越し業者に見積もり取って、決めた業者と契約しておきましょう。
繁忙期のひっこしはスピードが命なので、出遅れないようにしてくださいね。

 

繁忙期と通常期では当然ですが、引越し料金が違います。
繁忙期は高く設定されていますので、もし可能であればこの時期の引越しを避けるのがオススメです。

 

 

引越しの初期費用

 

引越しの初期費用

 

引越しをするには結構多額の初期費用ががかかります。
特に大きな金額になるものは、引越し代と物件の契約料だと思われます。
マンションやアパートなどの賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で貸主に最初に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されます。
しかし契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが最近は礼金ゼロという物件もあります。
しかし最近は部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

さらに2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料です。ぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前であればは賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたり、連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えましたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いため、火災保険は必須です。
隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、防犯面でもカギは新しくした方が良いですね。
費用は1.5〜2万円くらいです。